LABELEXPO EUROPE 2017 現地レポート(1)

UTECO・EBEAM・INXによるEB硬化のプリンタ

EB のフレキソインキは既に存在し実用化されており、その流れでのインクジェットへの展開とのこと。
電子線によりインクモノマーの一部を壊して反応点として架橋させるが、その際に基材の一部にも反応点ができるので密着が非常に良い。プリント済みのフィルムを揉んでも剥がれない。
UV の様にピニング(中間硬化)が出来ないので、白インクなどは難しいのでは?との問いには、改良の余地はあるとのこと。





現地動画

UTECO:食品包装をアピール



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. デジタルマーケティングの洗練度合いと効果が進化し、それらを自然と理解し活用できる若い世代のマーケター...
  2. 去る5月29日から6月1日のFiera MilanoでPLAST、IPACK-IMA、MEAT-TE...
  3. 先月ボストンで開催された2018ドキュメント戦略フォーラム(DSF18)は10周年を迎える。
  4.  デジタル印刷による軟包装材料の製造一貫システムの構築が始まった。
  5. Quad/Graphics社がクラウドベースのソフトウェアでDMのテストを強化する、見方によっては革...
  6.  新しいデザインの化粧品用のチューブ印刷品が出ている。
  7. 印刷業界は依然として自動化を通じてコスト削減を図っている。
  8.  日本の包装関心事と世界の包装関心事は同じではない。