LABELEXPO EUROPE 2017 現地レポート(1)

UTECO・EBEAM・INXによるEB硬化のプリンタ

EB のフレキソインキは既に存在し実用化されており、その流れでのインクジェットへの展開とのこと。
電子線によりインクモノマーの一部を壊して反応点として架橋させるが、その際に基材の一部にも反応点ができるので密着が非常に良い。プリント済みのフィルムを揉んでも剥がれない。
UV の様にピニング(中間硬化)が出来ないので、白インクなどは難しいのでは?との問いには、改良の余地はあるとのこと。





現地動画

UTECO:食品包装をアピール



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. Keypoint Intelligence – Infotrendsの Ralf Schlozer氏...
  2. 液体小袋の開封時に指先が汚れる。多くの人が何とかならないかと長年思っていたはずである。
  3. 印刷が提供できる新しい価値かくしてデジタルマーケティングは、印刷を求め出している。
  4. 2019年3月26日(火)、ローソンからトロピカルストレート100「パイナップル&アセロラ」と「レッ...
  5. 人は、閃くそれはその時点では思い浮かんでいない『掘り出し物』を見つけようとしているからだ。
  6. Plastics in Packaging(April 8, 2019)の記事によると、DuPont...
  7. デジタルの限界残念なことにデジタルの夢の世界は実現していない。印刷はまだ葬られていない。
  8. 海外においてもデジタル印刷はまだ発展段階であるが、包装分野の印刷としては非常に伸びている分野である。