LABELEXPO EUROPE 2017 現地レポート(1)

UTECO・EBEAM・INXによるEB硬化のプリンタ

EB のフレキソインキは既に存在し実用化されており、その流れでのインクジェットへの展開とのこと。
電子線によりインクモノマーの一部を壊して反応点として架橋させるが、その際に基材の一部にも反応点ができるので密着が非常に良い。プリント済みのフィルムを揉んでも剥がれない。
UV の様にピニング(中間硬化)が出来ないので、白インクなどは難しいのでは?との問いには、改良の余地はあるとのこと。





現地動画

UTECO:食品包装をアピール



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. Z世代(1990年代半ばから2000年代前半生まれの世代)は、デジタル生まれ、と名付けられているが、...
  2. 市場ウォッチングで実力をアップさせよう。
  3. かつては「ビッグなデータ」は存在しなかった。
  4. 欧州印刷事情視察報告会は、みなさまのおかげさまをもちまして、盛況のうちに終了いたしました。
  5. 奇数の年はフンケラー社が催すInnovationdaysという、トランザクション、商業印刷、書籍印刷...
  6. 植物由来のプラスチック材料の採用がゆっくりと静かに浸透している。
  7. 第1回で、2017年に始まった災厄の事始めは、アイフォンによって生活者がWebに常時つながってしまっ...
  8.  日本酒の輸出が伸びている。国内においては、お酒の紙パックの開発も進んで来ている。