LABELEXPO EUROPE 2017 現地レポート(1)

UTECO・EBEAM・INXによるEB硬化のプリンタ

EB のフレキソインキは既に存在し実用化されており、その流れでのインクジェットへの展開とのこと。
電子線によりインクモノマーの一部を壊して反応点として架橋させるが、その際に基材の一部にも反応点ができるので密着が非常に良い。プリント済みのフィルムを揉んでも剥がれない。
UV の様にピニング(中間硬化)が出来ないので、白インクなどは難しいのでは?との問いには、改良の余地はあるとのこと。





現地動画

UTECO:食品包装をアピール



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1.  電子レンジ加温の製品は多い。
  2.   続いてもう一つ、市場ウォッチングの事例を紹介します。人は、美味しいものを食べたい。
  3.   市場ウォッチングは、包装ビジネス関係者には、大切なことです。
  4.  デジタル時代における商品のデコレーション(印刷・加飾法)はどのようになるのか。
  5. ウェブ博士とリチャードロマノ氏が毎年発行しているWTT印刷予想レポート。
  6.  前回に続き、医薬品包装について説明します。医療費の負担が各国の財政に大きくのしかかってきています。
  7.  前回に続き、医薬品包装について説明します。
  8. デイ・アイ・エンジニアリング株式会社(東京都墨田区)、KIT-CC株式会社(熊本県熊本市)のイン...