LABELEXPO EUROPE 2017 現地レポート(2)

MOUVENT(BOBSTとRADEXの合弁会社)によるラベルプリンタ

スイスの包装機器大手BOBST と、インクジェットベンチャーのRADEX の合弁。
富士DIMATIX のサンバヘッドを独自にアレンジして自己完結型のヘッドユニット(クラスターと呼んでいる)を並べる。
今回の発表は、同じエンジンにてUVインクバージョンと水系バージョンがある。水系は乾燥機がある分かなりの長さ。プライマーも機内で塗布しているという説も。
水系インクはインクメーカーからの購入品ではなく、独自開発との噂あり。UVは購入品か?
画質についての評価はまだかたまっていない。画質を見た複数の日本人はさほど驚くような画質ではないとのコメント。まだプロトなので向上の余地はあると思われる。
注目すべきは包装機器の世界的大手BOBST が、小さな技術屋集団のRADEX と組んだこと。大手企業の体質ではデジタル時代のスピード感についていけないとのオーナー判断。
RADEX は既にテキスタイル機やトランザクション機の開発(一部は既に事業化)しており、これも今後はBOBST の資金を得た MOUVENT の事業となると考えられる。

MOUVENT_水系外観
MOUVENT_水系外観

現地動画

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. Z世代(1990年代半ばから2000年代前半生まれの世代)は、デジタル生まれ、と名付けられているが、...
  2. 市場ウォッチングで実力をアップさせよう。
  3. かつては「ビッグなデータ」は存在しなかった。
  4. 欧州印刷事情視察報告会は、みなさまのおかげさまをもちまして、盛況のうちに終了いたしました。
  5. 奇数の年はフンケラー社が催すInnovationdaysという、トランザクション、商業印刷、書籍印刷...
  6. 植物由来のプラスチック材料の採用がゆっくりと静かに浸透している。
  7. 第1回で、2017年に始まった災厄の事始めは、アイフォンによって生活者がWebに常時つながってしまっ...
  8.  日本酒の輸出が伸びている。国内においては、お酒の紙パックの開発も進んで来ている。