LABELEXPO EUROPE 2017 現地レポート(2)

MOUVENT(BOBSTとRADEXの合弁会社)によるラベルプリンタ

スイスの包装機器大手BOBST と、インクジェットベンチャーのRADEX の合弁。
富士DIMATIX のサンバヘッドを独自にアレンジして自己完結型のヘッドユニット(クラスターと呼んでいる)を並べる。
今回の発表は、同じエンジンにてUVインクバージョンと水系バージョンがある。水系は乾燥機がある分かなりの長さ。プライマーも機内で塗布しているという説も。
水系インクはインクメーカーからの購入品ではなく、独自開発との噂あり。UVは購入品か?
画質についての評価はまだかたまっていない。画質を見た複数の日本人はさほど驚くような画質ではないとのコメント。まだプロトなので向上の余地はあると思われる。
注目すべきは包装機器の世界的大手BOBST が、小さな技術屋集団のRADEX と組んだこと。大手企業の体質ではデジタル時代のスピード感についていけないとのオーナー判断。
RADEX は既にテキスタイル機やトランザクション機の開発(一部は既に事業化)しており、これも今後はBOBST の資金を得た MOUVENT の事業となると考えられる。

MOUVENT_水系外観
MOUVENT_水系外観

現地動画

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1.  電子レンジ加温の製品は多い。
  2.   続いてもう一つ、市場ウォッチングの事例を紹介します。人は、美味しいものを食べたい。
  3.   市場ウォッチングは、包装ビジネス関係者には、大切なことです。
  4.  デジタル時代における商品のデコレーション(印刷・加飾法)はどのようになるのか。
  5. ウェブ博士とリチャードロマノ氏が毎年発行しているWTT印刷予想レポート。
  6.  前回に続き、医薬品包装について説明します。医療費の負担が各国の財政に大きくのしかかってきています。
  7.  前回に続き、医薬品包装について説明します。
  8. デイ・アイ・エンジニアリング株式会社(東京都墨田区)、KIT-CC株式会社(熊本県熊本市)のイン...