LABELEXPO EUROPE 2017 現地レポート(2)

MOUVENT(BOBSTとRADEXの合弁会社)によるラベルプリンタ

スイスの包装機器大手BOBST と、インクジェットベンチャーのRADEX の合弁。
富士DIMATIX のサンバヘッドを独自にアレンジして自己完結型のヘッドユニット(クラスターと呼んでいる)を並べる。
今回の発表は、同じエンジンにてUVインクバージョンと水系バージョンがある。水系は乾燥機がある分かなりの長さ。プライマーも機内で塗布しているという説も。
水系インクはインクメーカーからの購入品ではなく、独自開発との噂あり。UVは購入品か?
画質についての評価はまだかたまっていない。画質を見た複数の日本人はさほど驚くような画質ではないとのコメント。まだプロトなので向上の余地はあると思われる。
注目すべきは包装機器の世界的大手BOBST が、小さな技術屋集団のRADEX と組んだこと。大手企業の体質ではデジタル時代のスピード感についていけないとのオーナー判断。
RADEX は既にテキスタイル機やトランザクション機の開発(一部は既に事業化)しており、これも今後はBOBST の資金を得た MOUVENT の事業となると考えられる。

MOUVENT_水系外観
MOUVENT_水系外観

現地動画

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. AmcorがOPPベースのリサイクル可能なパウチを開発した。
  2. Pebble Post紙とMurphy Research社が共同の調査で、直観ではわかっているも...
  3. 生分解性樹脂が使用できる条件として、①家庭あるいは地域にコンポスト設備があること、②持ち帰りが難しい...
  4. Keypoint Intelligence-InfoTrendsは、カスタマーコミュニケーション...
  5. プラスチックは包装素材として有用であり、今後も使用し続けるだろう。
  6. 新市場への扉を開く新しい印刷物の定義を確認しよう。
  7. 印刷ビジネスは数多くのパターンから成立している。
  8. 新しい印刷の役割ではこちらをご覧頂きたい。