LABELEXPO EUROPE 2017 現地レポート(2)

MOUVENT(BOBSTとRADEXの合弁会社)によるラベルプリンタ

スイスの包装機器大手BOBST と、インクジェットベンチャーのRADEX の合弁。
富士DIMATIX のサンバヘッドを独自にアレンジして自己完結型のヘッドユニット(クラスターと呼んでいる)を並べる。
今回の発表は、同じエンジンにてUVインクバージョンと水系バージョンがある。水系は乾燥機がある分かなりの長さ。プライマーも機内で塗布しているという説も。
水系インクはインクメーカーからの購入品ではなく、独自開発との噂あり。UVは購入品か?
画質についての評価はまだかたまっていない。画質を見た複数の日本人はさほど驚くような画質ではないとのコメント。まだプロトなので向上の余地はあると思われる。
注目すべきは包装機器の世界的大手BOBST が、小さな技術屋集団のRADEX と組んだこと。大手企業の体質ではデジタル時代のスピード感についていけないとのオーナー判断。
RADEX は既にテキスタイル機やトランザクション機の開発(一部は既に事業化)しており、これも今後はBOBST の資金を得た MOUVENT の事業となると考えられる。

MOUVENT_水系外観
MOUVENT_水系外観

現地動画

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1.  今回も、海外企業の動きです。
  2. デジタルマーケティングは、パーソナライズ広告を独占したと言う。
  3.  今回は、少し海外の包材メーカーの動きに目を向けてみたいと思います。
  4. Smithers Pira社からの最新の調査は食品パッケージ印刷の成長の可能性と技術的課題について、...
  5.  熱い日、暑い日が続く地球であり、日本である。
  6. 我々の革新の源流は、生産現場から顧客のモバイル機器に動いている。
  7. IGAS2018 が開催され多くの来場者で会場は埋まっている。
  8. カスタマーコミュニケーションがますますデジタル化される中、従来の紙を中心とした印刷会社は、事業を...