ポケモン ゴー… 知っておくべき!(WhatTheyThink?)

7月6日に正式発表されたモバイル・アプリケーションのポケモン ゴーは国中を席巻している。この文章では、このアプリがAR(拡張現実)の機会を広げることと、いくつかの他のサンプルについて述べる。

7月6日に正式発表となったポケモン ゴー Pokémon Go は国中を席巻している。このアプリの広範囲の影響を示すいくつかの事実を列挙すると


ポケモン ゴーとは何か?

ポケモン ゴーとはGPSの機能を使ったARのゲームで、デジタルの世界と物理的な世界を融合させ、仮想のポケモンのキャラクターを日常の世界に登場させ、捕獲することを可能にしている。スマートフォンあるいはタブレットのカメラを使い、あなたの目の前にキャラクターが居るかのように見せるのだ。そしてそれを捕獲し、出来る限り多くの種類のポケモンを収集するために、現実の世界の冒険に出かけるのだ。ポケモン ゴーは、新しいキャラクターを捕獲するために人を外に誘い出しあちこちに動かすので、“エクサゲーム=エクササイズとゲームの造語”と呼ぶ人もいる。いつもの普通の場所は、あらゆる世代のポケモン ゴーのファンが集う場所になったりするのだ。

車ピカシュウ

運転者のハンドルの上に出現したポケモンキャラクター ピカチュウ


なぜ知っておくべき?

こう思われるかもしれない。 “私は印刷会社の人間だ。なぜポケモンを知らねばならないのか?” Quoraの調査によれば、7月16日時点で1000万人以上がポケモン ゴーのアプリをダウンロードしている。 それもまだ全国で展開しているわけではない。(例えば中国でのリリースは未定である。) この規模で注意喚起を引きおこす事象によって、疑いなく企業のマーケット部門は、将来のキャンペーンにARを違った方法で活用するに違いない。ポケモンゴーの導入前からARを使った広告は、大きな成長を予測され、2014年の600億円から2017年には1兆2800億円に成長すると予測されていた。[1]. さらにJuniper Research研究所は、ARの利用者数は2013年の6000万人から、2018年には世界で2億人を超えると予測している。ARは既に大きなビジネス機会が存在していたのに加えて、ポケモンゴーの人気はさらに拍車を掛ける。さらに多くの消費者がアプリケーションを理解し、それらは日常世界で使うようになっているのだ。

世界でのAR広告への出費金額のグラフ

世界でのAR広告への出費金額


2015年から2016年にかけて、他のARアプリケーションが観察された。ここでは幾つか例を紹介する。


AZEK

2014年にIKEAは、家の所有者が自分の家に仮想でIKEAの家具を据え付けることにより、どのように見えるかが分かるという、インテリアのデザイン用ARを導入して成功した。Marxent labs研究所の開発で、AZEK建築は同じような手法で家の模様替えのアプリを提供し、 舗道、中庭、玄関、手すり、その他の改築が、その家でどうように見えるのか、を見せている。

ARタブレット

AZEK建築によるARの家庭改築用アプリ



Blippar

Blipparとエミレーツ航空は、インターラクティブなアメニティキットをエミレーツ航空のエコノミークラスに導入した。これらのアメニティキットはARを用いてコンテンツをモバイルに提供し、より楽しめる旅行体験をしてもらうことが目的だ。キットには長時間のフライト向けの通常の快適グッズ、アイマスク、耳栓、歯磨き、歯ブラシ、靴下、といったものがキットの外箱に合わせて準備されている。このアイデアをさらにすすめて、キットのエンターテインメントの出口となった。旅客はBlipparのアプリのダウンロードを勧められ、バックをスキャンすると、長旅用にエンターテインメントのコンテンツにアクセスすることができる。コンテンツは6カ月ごとに更新され、顧客を引き留めるのだ。

BlipparのARアプリ

Blipparのエミレーツ航空旅客向けアメニティキット


Warner Bros.は、サンディエゴ・コミック・コンフェレンス2016のオフィシャルバッグを準備した。18のデザインが準備され、インターラクティブなARが初めて登場している。キーメッセージは、“袋の上”に書いてある事が、“袋の中身”よりも重要だ、というところだ。ショーの参加者はBlipparのアプリをiOSまたはアンドロイド用にダウンロードし、そのカメラで袋をスキャンすることによって、Warner Brosがコミックコンフェレンスに準備したARを体験することができる。

Commic ConのAR体験

Blippar App Powers Warner Bros./Comic-Con AR 体験



結論

ポケモンゴーは、既に広く知られているゲームをうまく活用して、そしてそれをさらに没頭するゲーム、ソーシャルネットワーク、そしてエクササイズアプリへと進化させた。これはイノベーションが従来の市場の境界を破壊し、意味を失くしてしまう完璧な実例である。ARの業界は以前から高い成長を予測されているが、この現象によってさらに大きな成長余地が広がった。ポケモン ゴーによって、ARはさらに新しい告知を得て、違うレベルの人ひとの間にまで浸透した。これはマーケティングに携わるあらゆる人間を触発し、ARのアプリの開発がすすみ、消費者はそれらと繋がることによって新たなエキサイトを得られるであろう。全ての印刷会社が、ARについて正しく理解し、どのような影響があるのかを考える時であろう。


[1] Sources: Socintel360, Statista

 

 

  

whattheythinkmini
By Barb Pellow
Published 2016年7月28日
原文 http://whattheythink.com/articles/81586-pokemon-go-you-might-want-pay-attention/

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1.  つい先日、『Pioneers of German Graphic Design(グラフィックデザイ...
  2. 【展示会報告 LabelExpo2017(2) ブラッセル 9月25~28日】【UTECO+...
  3. 日本パッケージングコンテスト2017が行われ、受賞作品が発表されました。
  4. DMA&THEN視察ツアー報告会は、みなさまのおかげさまをもちまして、盛況のうちに終了いたしました。
  5. 国際委員会 北米印刷事情レポート(WhatTheyThink?)より 貴方の会社の戦略は大丈...
  6.  印刷会社は、印刷だけでは利益が出にくい状況です。
  7.  各社のバリア性のフィルムとデータをまとめてみました。ご利用ください。
  8. PODi・EFI共催イベント“Connect Japan 2017”は、みなさまのおかげさまをもちま...