コロナ後の印刷世界(ZOOM対談アーカイブ)

  • 2020.8.11

依然として世界で猛威を振るうコロナ。見えない敵との全面戦争に、世界は緊急事態を迎えています。
企業にとって、印刷業界にとって、売上が大いに棄損される中、どう生き残るか? 
平常であれば10年かかる変化が、この緊急事態では即時で起こっています。これを活かせるか、それとも殺されるか?
コロナを活かして企業そのものとその戦略を革新できるかどうか、が勝負の分かれ道です。
PODi理事の亀井が、大野インクジェットコンサルティングの大野代表とZoomで対談しました。

ログイン

ピックアップ記事

  1. COVID-19の波が通過した後、新しいニューノーマルが始まる。
  2. プラスチックの再生処理技術のNo86 の追加Circular Economyに向けて多くの企業が...
  3. COVID-19のパンデミックの真っただ中で、過去2か月は散々なものであった。
  4. スウェーデンでCoca-Cola全商品rPETボトルに切り替え 既に情報は届いていると思いますが...
  5. 今年1月に発刊した印刷市場展望2020を現状と今度のコロナウィルスの影響が業界に与える影響を考慮し、...
  6. ※本記事は、ラベル新聞社発行「ラベル新聞」2020年9月1日号掲載記事からの転用となります。
  7. デジタル印刷のDurstは自社技術を生かしてマスクを製造 コロナウイルスの件で各企業はいろんなこ...
  8. COVID-19以降、経済は変わり、そして印刷も変わる。