コロナ後の印刷世界(ZOOM対談アーカイブ)

  • 2020.8.11

依然として世界で猛威を振るうコロナ。見えない敵との全面戦争に、世界は緊急事態を迎えています。
企業にとって、印刷業界にとって、売上が大いに棄損される中、どう生き残るか? 
平常であれば10年かかる変化が、この緊急事態では即時で起こっています。これを活かせるか、それとも殺されるか?
コロナを活かして企業そのものとその戦略を革新できるかどうか、が勝負の分かれ道です。
PODi理事の亀井が、大野インクジェットコンサルティングの大野代表とZoomで対談しました。

ログイン

ピックアップ記事

  1. あなたの仕上げ工程は、あなたのビジネスの足を引っ張っていませんか? または、労働集約的なプロセス...
  2. <ポストコロナ、ニューノーマル対応のAmcor人材教育>Amcorは、将来の業界の労働力を強化す...
  3. 私たちは皆、コンテンツが神様であることを知っています。
  4. <プラスチックの再生技術、ケミカルリサイクル>プラスチックを含む包装材料、特に軟包装材料の回収後...
  5. この新シリーズでは、インダストリー4.0について考えます。
  6. あらゆるものがバーチャル化されていく中、印刷の役割はますます重要になりつつある。
  7. <SDGs対応でプラスチック利用の包装は何をすべきか>日本と欧州のSDGsの対応を考察しました。
  8. 他の多くの産業と同様に、医薬品も移行期にあります。