コロナ後の印刷世界(ZOOM対談アーカイブ)

  • 2020.8.11

依然として世界で猛威を振るうコロナ。見えない敵との全面戦争に、世界は緊急事態を迎えています。
企業にとって、印刷業界にとって、売上が大いに棄損される中、どう生き残るか? 
平常であれば10年かかる変化が、この緊急事態では即時で起こっています。これを活かせるか、それとも殺されるか?
コロナを活かして企業そのものとその戦略を革新できるかどうか、が勝負の分かれ道です。
PODi理事の亀井が、大野インクジェットコンサルティングの大野代表とZoomで対談しました。

ログイン

ピックアップ記事

  1. 今年の初め、COVID-19の流行で世界は一変しました。
  2. 用紙のコストが印刷機の選択に与える影響など、パンデミックによって引き起こされている生産の変化について...
  3. 古紙とフィルムの組み合わせワインボトルが好評英国でワインのガラス瓶に代わる軽量容器、Frug...
  4. COVID-19がもたらしたこの状況は、「私たちはいつもこうしてきた」というスタイルで変化に抵抗され...
  5. 2020年8月の印刷出荷額は、3ヶ月連続で増加して69.0億ドルに達した。
  6. 地球とその天然資源が40億年以上も成長していないにもかかわらず、人口は西暦1700年の8億人から...
  7. 3月初旬に全国でCOVID-19のロックダウンが発生して以来、郵便物の量は激減しています。
  8. メディアは小売革命について述べ続けているが、彼らは間違っている。