コロナ後の印刷世界2(ZOOM対談アーカイブ)

  • 2020.11.10

依然として世界で猛威を振るうコロナ。見えない敵との全面戦争に、世界は緊急事態を迎えています。
企業にとって、印刷業界にとって、売上が大いに棄損される中、どう生き残るか? 
平常であれば10年かかる変化が、この緊急事態では即時で起こっています。これを活かせるか、それとも殺されるか?
コロナを活かして企業そのものとその戦略を革新できるかどうか、が勝負の分かれ道です。
PODi理事の亀井が、大野インクジェットコンサルティングの大野代表とZoomで対談しました。

ログイン

ピックアップ記事

  1. 欧州のプライバシー規制である一般データ保護規制(GDPR)が施行されてから2年以上が経過した。
  2. 想定すべきは最悪の事態か? 仮説は、「あらゆる産業が根本からの変革を要求される」。
  3. カスタマーコミュニケーションマネージメント (CCM) 市場は、劇的に進化している。
  4. <ケミカルリサイクルとMass Balance>プラスチックのケミカルリサイクル技術が盛んに行わ...
  5. COVID-19パンデミックの経済的影響は、多くの人が予想していたよりも深く、長く続くことが明ら...
  6. いまや世界中すべての国が、大がかりな社会実験のモルモットだ。
  7. <英国の乳製品ブランド向けに1億個のコネクテッドパッケージ展開>2020年10月28日のニュース...
  8. <World Sight Day(世界視力デー)と携帯電話とパッケージ>2020年10月8日はW...