コロナ後の印刷世界3(ZOOM対談アーカイブ)

  • 2021.4.5

依然として世界で猛威を振るうコロナ。見えない敵との全面戦争に、世界は緊急事態を迎えています。
企業にとって、印刷業界にとって、売上が大いに棄損される中、どう生き残るか? 
平常であれば10年かかる変化が、この緊急事態では即時で起こっています。これを活かせるか、それとも殺されるか?
コロナを活かして企業そのものとその戦略を革新できるかどうか、が勝負の分かれ道です。
PODi理事の亀井が、大野インクジェットコンサルティングの大野代表とZoomで対談しました。

コロナ後の印刷世界3

ログイン

ピックアップ記事

  1. 2020年と2021年の一部は、先の時代から見れば、バーチャルイベントの時代と見られるでしょう。
  2. 仕上げは、ほぼすべての印刷物にとって重要な工程です。
  3. <紙素材の利用最前線>Coca-Cola company trials first paper ...
  4. 現在進行中のパンデミックは、印刷業界が直面した最初のハードルではありません。
  5. "小売業”といっても、パンデミックの影響を受けたビジネスの種類は多岐にわたります。
  6. COVID-19の流行は、QRコードの利用を増加させているのでしょうか? そうです。
  7. 21 世紀になって20年が過ぎた。
  8. <家庭で堆肥化可能な紙基材の軟包装材料> 日本では、あまり話題にならないが、気になる動きは、欧州...