コロナ後の印刷世界3(ZOOM対談アーカイブ)

  • 2021.4.5

依然として世界で猛威を振るうコロナ。見えない敵との全面戦争に、世界は緊急事態を迎えています。
企業にとって、印刷業界にとって、売上が大いに棄損される中、どう生き残るか? 
平常であれば10年かかる変化が、この緊急事態では即時で起こっています。これを活かせるか、それとも殺されるか?
コロナを活かして企業そのものとその戦略を革新できるかどうか、が勝負の分かれ道です。
PODi理事の亀井が、大野インクジェットコンサルティングの大野代表とZoomで対談しました。

コロナ後の印刷世界3

ログイン

ピックアップ記事

  1. Z世代の上位年齢はもはや24歳。
  2. 印刷・包装業界の関係者は、自動化とインダストリー4.0が企業の競争力を維持するために必要であると...
  3. 本連載の4回目となる今回も、インダストリー4.0をマーケティング用語としてではなく、実行可能な方...
  4. 本連載の5回目となる今回は、インダストリー4.0をマーケティング用語としてではなく、実行可能な方...
  5. COVID-19のパンデミックが印刷業界に与えた影響については、すでに多くのことが書かれています...
  6. 昨年の製薬業界は、ブランドオーナーとメーカーの両方が注目を集めました。
  7. パンデミックは、私たちの生活のさまざまな側面に大きな変化をもたらしました。
  8. シリーズ3回目の今回は、マーケティング用語としてではなく、自社で準備を始めたり、継続したりして、...