ロール式高速インクジェット印刷機において、コート紙印刷が可能なインクを開発

株式会社SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ(以下、SCREEN GP)は、ロール式高速インクジェット印刷機の最新鋭機種「Truepress Jet(トゥループレス ジェット)520HD」において、オフセット印刷用のコート紙に印刷が可能な新インクを開発しました。この製品をドイツ・デュッセルドルフで開催される世界最大の国際総合印刷機材展「drupa2016」(5月31日~6月10日)において、サンプルによる技術展示を実施。2017年1月から販売を開始する予定です。

近年の印刷業界では、消費者一人一人の多様な嗜好に合わせた多品種・小ロット、パーソナルに特化した印刷物への需要が拡大しています。中でも、特に高級感が求められる自動車や高級嗜好品などのOne to Oneのダイレクトメールにおいては、仕上がり品質の高いコート紙での印刷ニーズが高まっています。

このようなニーズの変化を受けて当社は、ロール式高速インクジェット印刷機「Truepress Jet520HD」に対応した、オフセット印刷用コート紙に直接印刷が可能な画期的な新インクを開発。当社独自の技術により、代表的な一般コート紙やインクジェット上質紙、さらには普通紙にも印刷できる幅広い用紙対応性を備えています。また、オフセット印刷レベルの耐擦過性を実現し、用紙の風合いを生かした印刷が可能です。さらに本インクでは、色間のにじみを抑制し、オフセット印刷に近い高品位な画質を実現するだけでなく、印刷ヘッドのノズル詰まりにも強いため、メンテナンス性が大幅に向上しています。

当社は、インクジェット印刷機による本格的な商業印刷分野へのソリューションの提供により、さらなるシェア拡大を図るとともに、今後も印刷業界の発展に貢献していきます。

URL:http://www.screen.co.jp/ga_dtp/news/mpcnl/gpn160530-1.html

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. <2030年の軟包装予測、米国軟包装協会>これからの開発の参考になると思います。
  2. コロナによって2020年からの延期を余儀なくされ、2021年もリアルを諦め、virtualとなっ...
  3. コロナによって2020年からの延期を余儀なくされ、2021年もリアルを諦め、virtualとなっ...
  4. drupa2020は開催されず、drupa2021もパンデミックの影響を受け、バーチャルdrup...
  5. <欧州のEPR、拡大生産者責任とCircular Economy>包装材料はEPR対象であるが、...
  6. 先進的な印刷会社は、パーソナル化された印刷を活用し、ターゲットを絞ったキャンペーンを行っている。
  7. <オーストリアで 軟包装材料の C ircular Economy 実証実験>軟包装材料の埋め立...
  8. パンデミック発生時に必要に迫られて導入したデジタルプロセスの一部は、パンデミックが収束した後も継続す...