インターパック2017 視察レポート「住本」No.4

軟包装材料による立体容器への挑戦。今までのinterpackでは、①Cyclero, ②VolpakのBrickPouchと③BoschのSurePouchが有りましたが、今回は、モナコの企業が挑戦していました。③は、現在中止になりました。Sustainable Packagingの中で軽量化、Less Materialは世界の動きです。同じころにバッグインボックスの段ボールを外した業務用の軟包材、④smart bottleが米国の発明家から提案され、現在は、Dow ChemicalのPacXpert™になって世界で販促されています。軟包装への移行は当分続くでしょう。


写真1 ①Cyclero

写真2 ②VOLPAKのBricpouch, ③BoschのSurePouch

写真3 ④Smart Bottle, 現在はDow のPacXpert™

1.モナコの企業、Semco社のSempack

 BOSSAR PACKAGING S.A.のブースで、見つけました。この企業は、スパウト充填機などで著名な企業です。そのブースの一角にSemco社のSempackが有りました。開発者と思しき方がいましたので、説明を聞きました。まだ、具体的な実績はないようですが、あらゆる立体容器をこれに置き換えるべく提案しています。容器の底が落とし蓋になっており、内容物を充填後、ヒートシールするようです。このシールはやや難しいところですが、クリアしているようです。やや改良の点があると思いますが、無菌充填との組み合わせを提案すると話にのってきました。この企業は無菌充填システムを持っていませんが、組み合わせての展開も考えられます。また、日本の醤油ボトルのように酸素流入防止と組み合わせると面白い展開が可能と思いました。具体的な顧客を見つけたら、コンタクトすると言いましたら、喜んでいました。早速、メールが来ましたが。今回、多くのブースで、開発者あるいはその道の研究者自身が説明されている場合が多かったようですが、良い傾向と思いました。17万500人の意見がもらえるチャンスは、めったに有りません。開発や研究の軌道修正や励になると思いました。


2.類似の形態は日本にもあり

類似の形態は、日本でも日本山村硝子㈱が提案しています。同じ業界にいると遠く離れて交流がない場合でも、時代背景から開発の発想は似るものですね。
パッケージは、用途開拓、つまり顧客とのcollaboration が実用化の一番の近道と思います。


紙メーカーのMondi AG も紙を使用した立体容器のモデルを展示していましたが、まだ、アイデア提案の段階でした。


次回も包装とデジタル印刷の事例を紹介します。

著者紹介
Sumimoto Mitsuhiro
住本技術士事務所  
所長 
住本充弘(すみもとみつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ログイン

ピックアップ記事

  1. パンデミック発生時に必要に迫られて導入したデジタルプロセスの一部は、パンデミックが収束した後も継続す...
  2. <植物由来の添加剤とリサイクル性>石油ベースの添加剤やコーティング剤から天然物由来にシフト...
  3. コロナによって2020年からの延期を余儀なくされ、2021年もリアルを諦め、virtualとなっ...
  4. 新しいマーケティングオートメーションシステムの導入を検討していない企業でも、利用可能なプラットフォー...
  5. 印刷に関わる者にとって、drupaは頂点である。
  6. 2020年と2021年の一部は、先の時代から見れば、バーチャルイベントの時代と見られるでしょう。
  7. 仕上げは、ほぼすべての印刷物にとって重要な工程です。
  8. <紙素材の利用最前線>Coca-Cola company trials first paper ...